お引越しの準備|千葉・稲毛・幕張本郷を中心とした賃貸・売買物件情報なら海浜不動産へ。

千葉市の賃貸マンション・アパートや貸事務所、売買を中心に取り扱っております。

千葉市にお引越し!海浜不動産なら引越しの手順も親切にお教えします。

千葉市の賃貸・売買「海浜不動産株式会社」

  • 043-248-1055
  • 10:00~18:00/定休日:第2・4火曜日、毎週水曜日

千葉市に引越し!引越しの準備は大丈夫?

  引越しが決まったら

 

  

  現住所の大家さんまたは管理会社へ解約・退去の申請

  解約予告期間は物件によって異なりますので、契約書などを確認して連絡しましょう。

  居住用の場合は解約日の1ヶ月前予告が主流です。

 

  引越し業者の手配

  不動産会社に引越し業者のパンフレットがよく置いてあります。

  割引などが付いている場合もありますので、活用した方がお得です。

  2月~4月は混み合う時期で、土日祝日も混みますので、お早めのご予約を。

 

  荷物の整理整頓

  余裕をもって、荷物の整理を始めましょう。特に粗大ゴミの処理は手間も掛かりますので、 

  早めに対応して、近隣に迷惑とならないようにしましょう。

 

 

 

  引越しの1~2週間前までにやっておくこと

 

  

  住居転出届の提出

  現住所の市区町役場にて「転出届」用紙に記入・提出し、「転出証明書」をもらいましょう。

  転出2週間前から受付可能です。「転出証明書」は新居先の「転入届」の際に必要になり

  ます。

 

  転校届の提出

  お子さんがいる場合は、在学中の学校より「在学証明書」と「教科書給付明細書」をもらい

  転入後、指定の学校に提出してください。

 

  電話の移転手続き

  NTTの「116」番へ連絡をしましょう。

  新築物件や、前入居者が固定電話を利用していなくて、新住居のお部屋まで電話線が

  引き込まれていない場合があります。

  その場合は引き込みの立会が必要となり、費用が1万円ほどかかります。

 

  電気・ガス・水道局への移転の手続き

  領収証記載の連絡先へ使用停止の旨を電話してください。

  ガスは開栓時に立会が必要になりますので、事前に日時を打ち合わせしてください。

  ガス開栓しませんと、お湯が出ませんよ。

  

  郵便局へ転居届

  現住所の郵便局で「転居届」のハガキに記入してて投函しますと、向こう1年間は新住居

  へ転送されます。

 

  その他各種届出

  新聞、NHK、銀行、保険、携帯電話、クレジットカードなども事前に移転の手続きをして

  ください。

  特にメール便を使っての定期購読などの宅配物は郵便局での「転居届」手続きでは転送

  されませんので、送り元へ事前連絡を必ずしましょう。

 

 

 

  入居当日に必ずやること

 

 

  現住居にて

  電気・ガス・水道の清算をしましょう。ご近所への挨拶をしましょう。 

  退去立会いをして、お部屋を大家さんへ引き渡ししたら、いざ新住居へ。

 

  新住居にて

  電気・ガス・水道の開栓。ガスは立ち会い開栓です。

  ご近所への挨拶をしましょう。

 

 

 

  入居後に必ずやること

 

  

  住居転入届の提出

  引っ越した日から14日以内に新住居の市町村役場に「転出証明書」を提出してください。

  印鑑登録や国民健康保険等の申請も忘れずに。

 

  運転免許証の住所変更の手続き

  所轄の警察署または運転免許センターで住所変更をしてください。

  その際、免許証と新住所を証明できるものが必要になります。

 

  自動車の登録変更の手続き

  15日以内に転居先の陸運事務局へ連絡してください。

  車庫証明や新住民票などが必要になります。

  

  ペットがいる場合の手続き

  新住所管轄の保健所に書類を提出し、新しい鑑札を受けてください。